レンタルサーバー Q&A

レンタルサーバーに関するQ&A集2

Q:サクサク閲覧できる重くないサイトを作りたいのですが?
A:サクサク閲覧できるサイトということは、サーバーの転送速度が速いということを意味しています。

サーバーの転送速度を決定づけているのは、バックボーンと、収容人数です。

レンタルサーバーで、バックボーンというと、回線の大きさ・太さのことを意味しています。

バックボーンが太ければ、それだけ転送速度が速くなります。


バックボーンが不足している場合、閲覧するのにストレスを感じるような重いホームページになってしまいます。

レンタルサーバーでは、一つのサーバーを複数人で一緒に使うことになります。
収容人数は、1台のサーバーを何人で使うかを示しています。
バックボーンがいくら太くても、多くの人数で使っていると、その人数分だけ一人あたりの回線は細くなってしまいます。

バックボーンや収容人数は、業者によっては公開していませんが、レンタルサーバーを選ぶ際には不可欠の情報ですよね。
問い合わせると答えてくれる場合もあるので、一度は問い合わせてみるといいでしょう。


Q:サブドメインと独自ドメインどう違うのですか?

A:サブドメインとは、レンタルサーバーの業者が取得しているドメインを借用するものです。
URLの中に、レンタルサーバーの業者名と、自分のウェブページの名前が併存する形になり、長くなるのが特徴です。

これに対して、独自ドメインとは、自分独自で取得したドメインです。
URLは、自分のウェブページのみとなり短くなります。

独自ドメインの取得には、別途お金がかかりますから、費用を節約したかったり、URLにこだわらない個人HPなどの場合には、
サブドメインで運用していくことになります。

 

これに対して、商用ホームページとして運営していこうという場合には、独自ドメインを取得するべきです。
URLが短く自分のウェブページの名前だけの場合には、きちんとやってるんだなぁという印象を感じますよね。

また、サブドメインの場合には検索エンジンでうまく検索してもらえない可能性も出てきます。